CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
にほんブログ村
User Heat SEO解析
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
加古川市の根本治療専門院
鍼灸治療院きさらぎ 院長の独り言

ホームページでは伝えきれない役立つ情報、大切なメッセージ、
臨床雑話
<< 鍼で疲れ、慢性疲労って取れますか? | main | お灸の効果について教えてください。 >>
お灸って熱くないんですか?
0

    Q お灸って熱くないんですか?

     

    A お灸は基本的には熱いものです。

       身体を活性化させるために

       熱刺激を利用する治療法だからです。

     

     

    昔は意図的に小さな火傷を作り、

    白血球を活発化させ、免疫機能の向上をさせていました。

    中には意図的に大きめの火傷を作り、化膿させて、

    より強く免疫系に働きかける 打膿灸 という治療法もありました。

     

    現代人は昔の方よりも体力的にも精神的にも弱く、

    また治療効果よりも治療後の美容面を重視される方が増えた為、

    そのような強い刺激の治療法は行われなくなってきています。

    当院でも行いません。

     

     

    さて、お灸には大きく分けて

    直接もぐさを皮膚の上で燃やす 直接灸

    皮膚ともぐさの間に何かを挟む(隔物灸)か

    皮膚からもぐさを話すなど

    直接もぐさを皮膚の上で燃やさない 間接灸 があります。

     

    当院でよく使用するお灸の方法は

    直接灸のうち 点灸 と呼ばれるものです。

     

    米粒の半分くらいの大きさに 艾(もぐさ) を契り捻って

    皮膚上に置き燃焼させます。

    完全に燃焼させるのが透熱灸(とうねつきゅう)、

    完全に燃えきる寸前に皮膚上から取り除くのが点灸です。

     

    主に燃焼による温熱効果そのもので

    身体を温めることを期待する間接灸とは違い、

    筋肉や血管、リンパ節を刺激し、

    細胞を活性化させ、免疫作用の向上を図る治療法ですので

    それなりの刺激となる熱が必要ですが

     

    ・もぐさの等級(質)

    ・捻ったもぐさの大きさ・硬さ

    ・燃えきるまで皮膚上に置いておくか

     燃えきる直前で取り除くか

    ・お灸との間に火傷防止、熱量の緩和用の薄い紙を敷く

     

    などの処置により、

    熱すぎない適切な刺激量、

    「チクチクっと熱い」

    その程度の心地よい熱さに調整することが可能です。

     

    とても熱いのではないかと恐がっていた方も

    実際体験されてみると「こんなもんか(笑)」と

    拍子抜けされますよ。

     

     

    その他のお灸の種類や方法、効果などは

    また別の機会にご説明致しますね。

     

     

     

    加古川の根本治療専門院 鍼灸治療院きさらぎ http://sinq-kisaragi.net/
      ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

     

    | Q&A(よくある質問) | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://hudoubou.jugem.jp/trackback/107